不易と流行

大丸建設の建てる住まいは、決して派手ではなく、素朴で、温かみのある、等身大の家だと思います。これまで自社設計で、耐震性や素材の安全性を担保しながら、お客様の夢や希望を図面におこして、安心・安全な家づくりを進めてきました。

ここ数年は、積極的に建築家とご一緒し、デザイン性の高い住まいの施工を手がけることが増えています。建築雑誌『チルチンびと』などのネットワークを通じ、自然素材を使うこと、家づくりへの理念に共感し、信頼できる建築家との仕事は、私たちにとっても大きな学びになっています。

150年にわたる家業の歴史のなかで、宮大工として匠の技を競い名を馳せていた時期、戦後に建築業として規模を拡大した時期、新建材を使った時期、そして自然素材に原点回帰した時期……さまざまなことがありました。それでも変わらない、私たちの中心は「木を使うこと、匠の技を受け継ぐこと、地域に根差すこと、お客様と長くお付き合いしていくこと」です。会社としての軸をしっかりと持ち、これからも長くお客さまに信頼される工務店でありたいと願っています。

[写真=2020年完成 / 設計:ことこと設計室]

お客様の家を長く支えるために

大丸建設では、「家は、お引き渡しからが本当のお付き合いの始まり」という社是が長く伝わっています。家づくりはどうしても「つくる」ことに重きがおかれがちですが、実は竣工してからこそが工務店の存在意義とも言えます。その家のことを最もよく知るのは、私たち工務店です。構造や内装、床下、天井裏に至るまで、設計図や素材の一覧を持ち、住んでから時間が経っても、プロとしてその住まいの状態を的確に把握することができます。

そもそも、私たちは、家を建てる時点で、「3世代、100年以上住める家」を設計しています。良質な材料を使い、地震や風雨に耐え、長く住んでも飽きない、美化する家をつくっています。そして、長きにわたり、メンテナンスができるよう、設計図書を社内で受け継ぎ、お電話一本で修理、営繕に対応します。

良質な材料を使い、長く住める家づくりをしてきた大丸建設だからこそ、お客様の住まいを何十年にもわたりお支えする。そのため、会社を長く存続させていかなければなりません。

 

匠の技を受け継ぐ工務店として

株式会社大丸建設の創業は昭和36年です。明治初期に天才宮大工を初代として創業し、家業として代々受け継ぎ、3代目の石黒善次郎が木造注文住宅、店舗、アパート、鉄骨・鉄筋建築を生業とする地域工務店として会社化しました。3代目は大丸建設の中興の祖として、今につながる礎を築きました。地域に根ざした工務店として、4代目の石黒善弥、そして母方を石黒家に持つ5代目・安田昭が会社を受け継ぎ、今に至ります。

5代目の安田昭は、昭和18年生まれ。戦後の高度経済成長を肌身に感じ、家づくりの効率化や大量生産の様子を目の当たりにしてきました。家を合理的に建てることのできる新建材を扱ったこともありますが、「本当の家づくりとは何か」に真剣に向き合ってきた結果、先祖代々受け継いできた「匠の技」「木と自然素材の家」に原点回帰しました。

大丸建設は1980年に「協同組合匠の会」に入会、2003年に「チルチンびと『地域主義工務店』の会」に入会し、志を同じくする全国の工務店と、本物の木の家づくりに邁進しています。

[五代目:安田 昭]

大丸建設の歴史

大丸建設は「多摩に根ざして150年――」をうたう、家業としてこの地で長く受け継いできた工務店です。明治初期の創業で、宮大工を始祖に持ちます。

当時、「天才宮大工」と言われていたと伝わる初代・石黒善太郎は、たいへん優秀な職人として知られ、さまざまな木造建築物に携わりました。木を見て、土地を知る、大丸建設の「木づかい、気づかい」の歴史は初代から受け継がれています。

2代目の石黒仙太郎は、建築家として名を馳せました。東京・墨田河畔の東堂伯爵邸(大正2年9月の関東大震災で焼失)、飛鳥文吉邸など、大正・昭和を代表する名建築を手がけたことで知られています。

昭和に入り、3代目の石黒善次郎が大丸建設の前身となる「石黒組」を発足し、今に続く組織の土台をつくりました。昭和36年に株式会社大丸建設を創設し、今に至ります。

大丸建設は「匠の技」を受け継ぐ工務店として、創業以来150年の歴史を未来につないでいきます。

骨のように家を支える心材、やわらかく明るい辺材

樹木には白太(辺材)と赤身(心材)があり、部位によって特徴に違いがあります。家の建て方においても、適材適所があります。

心材は成長を止め、細胞が硬く、水や空気を通しにくい性質があります。木材自体もくるいにくく、水やカビなどに強いため、柱など、家を支える部材として使われます。心材は木の骨格ともいえるため、家の骨組みになるのもなるほど道理ですね。

一方、辺材は細胞が新しくまだ成長の途上にあります。多孔質で空気や水分を含むことができるので、調湿性能があります。色が明るく、肌ざわりがやわらかいので、内装材として使うと、室内空間が心地良くなります。赤身と比較すると腐りやすくなるので、床下や水回りなど、湿気が多い空間には使いません。

 

同じスギでも赤身と白太がある

樹種によって「適材適所」は異なりますが、同じ1本の木でも、部位によっての「適材適所」もあります。

部位の特徴が際立つのがスギです。スギを輪切りにすると、丸太の中心から年輪が重なっているのがわかります。中心に近づくにつれて色は赤くなり、外側が白いことがわかります。この赤い部分を「赤身」といい、白い部分を「白太」といいます。

赤身は、年輪の中心に近い部分を指すことから「心材」とも言われます。同様に、白太は外周部に近いところにあるため「辺材」とも呼ばれます。

 

木は、肥大成長といって、中心から外側に向かって太っていくように成長していきます。外側の辺材は成長の途上にあり、細胞が新しくてやわらかいので、水や空気をたくさん含みます。一方、内側の心材は成長を止めてどんどん硬く収縮していきます。樹脂をたくわえ、水や空気を通しにくくなります。成長とともに白太が赤身になり、骨のように樹木を支えていくように役割を変えていきます。

広葉樹は主に家具などに使われる

クリ、メープル、オークなどの広葉樹。家具屋に行くとよく見かける樹種です。広葉樹は針葉樹に比べて成長がゆっくりで、時間をかけて育つため、材が緻密で重いのが特徴です。強度が高く、硬く、くるいにくいので、精密な加工が必要な家具づくりに向いています。

椅子やソファーは人の体重を支え、本棚や食器棚、テレビボードなど、重いものを置いたり収納する棚類も、十分な強度が必要です。引き出しなどは、0.1mm単位で調整をし、スムーズな開閉ができるようにします。やわらかく動きやすい針葉樹だと、緻密な設計や加工技術を要する家具には向かず、堅牢で強度のある広葉樹に部があります。

同じ針葉樹でも材によって特性が違う

日本で建築用材として主に使われているのはスギです。日本で大量に植えられていて、比較的安価に入手でき、流通経路もしっかりしているからです。ヒノキも多く使われています。

スギは、軽くて素直で加工しやすいのと、やわらかくて肌ざわりがいいこと、色が明るいので、壁材や床材などの内装材に使われます。真っ直ぐでくせがないので、柱や梁にも使われます。

ヒノキはスギよりも水に強いため、土台や水回りに使われます。水回りや土台には、シロアリなどの忌避成分を含むヒバや、油分(ヤニ)が多く含まれるアカマツなども使われます。

日本で計画的に植林されている針葉樹

日本で植林されているのは針葉樹です。真っ直ぐに伸び、広葉樹に比べて早く大きくなるので、計画的に生産するのに向いています。また、広葉樹よりも軽く、やわらかく、加工しやすいのが特徴です。

スギ、ヒノキ、カラマツ、アカマツなどの針葉樹は、日本で昔から計画的に植林されてきました。特にスギは、針葉樹の中でも軽くやわらかく、素直で加工しやすいので、スギの花粉症が国民病になるくらい、日本中に植えられています。

全国でも有名なスギの産地はいくつもありますが、大丸建設では紀州・和歌山県の山長商店からスギを直送してもらっています。ほかにも、宮城県の栗駒山麓や、埼玉県の西川材、高知県の四万十川流域など、産地と直接のつながりがあります。

 

新入社員の疑問ブログがスタートしました。

昨年秋にパートタイムで入社したスタッフ・Kさん。大丸建設の本社の近所に住み、看板に貼った募集を見て応募してくれました。地元に根差した方で、イーゼルに描く絵が上手で、広報で活躍してもらおうと思っています。

 

Kさんは建築については予備知識なく、彼女の疑問が普通の人の感覚に近いので、Kさんが建築のことを知り理解していくプロセスが、まさにお客様にお伝えすることに近いのだなと思います。工務店って何をする会社なんだろう? 長年この仕事をしていると当たり前のことが、初めてその世界にふれる人にはわからなかったりします。Kさんの疑問をていねいにときほぐすことで、お客様にも「工務店ってなんだろう?」「家づくりってどんなプロセスで進むのか?」がわかりやすく伝わるようになるのかなと思います。