2012年01月19日(木)

会社が潤ったら、まず社員に還元したい。

今年は会社のスタッフから、積極的で前向きな抱負を聞くことができて、新年早々とても幸せな気持ちになりました。
意志を疎通して、会社のビジョンを共有して、社員や職人さんとともに学び、技術を磨きながら、積極的にお客様に働きかけていけるようにしたいと思います。
大丸建設の社員や職人さんは、みんな「木が好き」な人ばかりです。安く、早く、簡単につくれる新建材の家ではなくて、手間はかかるかもしれないけれども、本物の質感を生かし、慈しみ、大切にしている人たちです。
木目の活かし方、適材適所の木の使い方、安全性を確保しながらより広々と暮らせるような間取りなど、社員には、どんどんアイデアや提案を出してほしいと思います。
言われたことを淡々とこなすだけではなくて、よりよい住まいができるよう、お客様に提案したり、建築の技術を磨くことで、お客様がより満足してくださるのではないかと思います。お客様の満足が、次のお客様を呼ぶというのが私の信念です。
会社が潤ったら、がんばって働いてくれた社員に、第一に還元していきたい。みんな温泉旅行に行ったり、美味しい食事やお酒を楽しみたいです。そんな日を夢見て、今日も仕事に励みます。

2012年01月18日(水)

今年の目標は、「先を見据え、ビジョンを語れる会社に」。

仕事始めの1月6日、社員みんなで今年の抱負を語り合いました。
「みんなでいろいろな課題や企画を話し合い、意志の疎通をしていきたい」
「これまで口コミやご紹介でいらしてくださったお客様への接客を大切にしてきたけれど、今後は初めてのお客様にも大丸建設の木造建築の思いをお伝えして、積極的に働きかけていきたい」
社員からこのようなアイデアが生まれ、また発表してくれたことを、とてもうれしく感じました。
正直なところ、これまでは目の前の現場を動かすことに必死で、先を見据えた企画や提案がなかなかできていませんでした。先代が築き上げてきた地元での信頼があったおかげで、地域のお客様の口コミや、親から子へお客様が引き継がれて、私たちの世代まで続いてきました。
しかし、いまは昔と違います。
高度経済成長を経て伝統的な木造建築が廃れてきた反省があり、自然素材と国産の無垢材を使った、昔ながらの木の家を求めるお客様が増えています。
一方で、長引く不況と先行きの見えない経済状況から、新規住宅取得のお客様でもご予算が限られています。
そんななかでお客様のご希望にかなうような「本物の自然素材の家」をご提供できるよう、私たちも知恵をしぼり、また積極的に働きかけていかなければ、と思っています。
社員の熱い思いに負けないよう、私もさまざまに学び、よい家をつくり、提案していきたいです。

2012年01月17日(火)

正月、仕事始めに家族で話し合いました。

私たち大丸建設は、家族に代々伝わる「家業」です。
140年前の明治初期に天才宮大工とうたわれた初代・石黒善太郎が木造建築を始めたのを起源に、飛鳥文吉邸や藤堂伯爵邸など明治の名建築を生み出した2代目・石黒仙太郎から、親族で代々家業を引き継ぎ、現社長の安田昭で5代目です。
安田昭は私の父にあたります。私は次男で大学卒業後、現場監督として働いてきました。3年前より専務取締役として会社の経営に関わっています。兄の安田博昭は常務取締役として会社の企画・広報全般を担っています。
▼大丸建設の歴史について、詳しくはこちらのページを参照ください。
http://www.kk-daimaru.co.jp/history.html
新年を迎え、仕事始めを目前に控えた正月4日に、社長・私・常務で会社の今後について話し合いました。
5代目の社長はまだまだ現役で活躍中ですが、会社を今後存続し、これまでに住まいを建てさせていただいたお客様と末永くおつきあいを続けていくためには、「次世代」を見据えていかなければなりません。
私も常務も、社員や職人さんと一緒に、「地域の頼れるハウスドクター」として、今後長く地域で家業を続けていくために、何をしていったらいいのか。
膝をつきあわせて未来を語り合いました。
そこで、私は、小さなことでも、コツコツ動かすことから始めよう、と思いました。
その一つが、このブログです。
未来を語り、ビジョンを示していくこと。社員や職人さん、お客様、地域の方々に、大丸建設がどんな会社なのか、何を大切にしているのかを、ブログなどを通じてお伝えしていきたいと思っています。

2012年01月16日(月)

2012年、ブログを始めます。

大丸建設・専務の安田佳正です。
2012年が明けました。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
昨年、2011年は、いろいろな意味で大きな一年でした。3.11の東日本大震災、福島第一原発の事故など、日本を揺るがす震災や事故が起こりました。
建築資材の供給がストップするなど、震災直後は多少の混乱もありましたが、大丸建設ではお客様のご理解やご協力もあり、大過なく家づくりや修繕をおこなうことができました。改めて感謝申し上げます。
会社は昨年2月に移転しました。老朽化した前社屋の取り壊しに伴い、住所は変わりませんが、新社屋に引っ越しをしました。仕事の環境が変化し、また、昨年は新築の施工が重なったため、慌ただしく過ごした……という実感があります。
気づけば、専務になってから3年。大丸建設は稲城・調布など「多摩に根ざして140年」、現社長で5代を数える古くからの工務店です。
次を受け継ぐ私が、どのような住まいづくりをしていきたいのか、いま何を学び注目しているのかなどを、お伝えしたいと考えて、ブログを始める決意をしました。
少しずつ、コツコツと、ブログを更新していきます。
ぜひ、おつきあいください。

2009年04月20日(月)

絆の家地域版セミナー&大丸木工フェスタ

 4月18日(土)絆の家地域版セミナーは無事終了いたしました。
ご参加いただきましたお客様、誠にありがとうございました。
 次回も、また家づくりのためになるセミナーを行いたいと思います。
是非ご参加下さい。
 また、5月6日(水)には、大丸木工フェスタを開催いたします。
お子様もご参加いただけますので、是非ゴールデンウィークの最終日に思い出をつくりに
ご参加下さい。詳細は大丸建設のHPをご覧下さい。

2009年04月06日(月)

絆の家地域版のお知らせ

 絆の家地域版東京セミナーのお知らせです。
今回もセミナー第一部、第二部、ワークショップと行います。
 今回のワークショップでは障子の貼替えを実演します。
参加いただいたお客様にも実際に体験していただけます。
 参加費すべて無料ですのでお気軽にご参加ください。
スタッフ一同心からお待ちしております。
 詳細はこちら   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓
【地域版:東京】 絆の家セミナー

2009年02月11日(水)

 2月は絆の家セミナー地域版を神奈川の高棟建設工業さんで行います。
皆様お気軽にご参加ください。
 詳しくはこちら  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
【地域版:神奈川】 絆の家セミナー

2009年01月07日(水)

明けましておめでとうございます

 明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。
 大丸建設では本年も見学会、木工フェスタ、セミナー等を実施させていただきます。
皆様お気軽にご参加下さい。ご来場心からお待ち申し上げます。
 早速ですが1月24日(土)絆の家 東京版を開催いたします。
詳しくはこちらをご覧下さい。よろしくお願いいたします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
【地域版:東京】 絆の家セミナー

2008年12月25日(木)

お知らせ

早いもので今年もあと僅かになってしまいました。
大丸建設では2008年12月30日から2009年1月7日まで冬季休暇とさせていただきます。
寒さも厳しくなって参りましたので皆様体調には注意してお風邪などひかないようにしてください。
ではよいお年をお迎え下さい。

2008年12月03日(水)

 絆の家、地域版を埼玉の千葉工務店さんで行います。
家づくりをお考えの方、是非ご参加ください。
 詳しくはこちら↓  ↓  ↓
絆の家 家づくりコラボレーション企画