日本の住まいづくりの単位

造作家具から少し話は脱線します。前回、「押入れ」の寸法についてお話ししましたが、そもそも日本独自の家づくりの単位として「寸」「尺」「間」というものがあります。日本古来の寸法でもある「尺貫法(しゃっかんほう)」という単位で、例えば押入れの幅を「一間(けん)」というように、「寸(すん)」「尺(しゃく)」「間(けん)」と呼ぶ単位が今なお住まいづくりでは残っています。

「寸」は3.03cm(約3cm)で、柱は3寸5分(約10.5cm)とか4寸(約12cm)という言い方をよくします。ちなみに昔話に出てくる一寸法師は、身長が3cmほどの小さな男の子、ということでした。

一尺は一寸の10倍で約30.3cmです。そして、押入れや建具の幅でよく見聞きするのが一間(けん)という単位です。一間は一尺の6倍で、約181.8cmですが、現代ではだいたい180cmくらい、半間は90cm程度で、押入れは一間、半間、という言い方をされます。畳の大きさも、だいたい半間×2枚で、長幅が一間、短幅が半間と覚えておくと、だいたい合っています。

押入れからクローゼットに。

昔ながらの日本家屋の収納といえば「押入れ」で、どの家でもだいたい寸法は決まっています。1間(けん)は幅が約180cm。奥行きは80cm前後で、柱なども含めると90cmくらいの深さになっています。上下2段に分かれていることが多く、それを2枚引き戸で開け閉めします。押入れの高さは180cmくらいで、そのうえに高さ30cmほどの天袋があることも多いです。押入れは奥行きが深いので収納量が多く、布団もすっぽり入るのが魅力です。洋服をバーにかけるならば、2本バーを並べて奥にも洋服を架けることもできます。一方、奥行きが深すぎるため、奥のものを取り出しづらかったり、湿気がたまってカビやダニなどが発生する懸念もあります。

押入れからクローゼットに変わったのは、ライフスタイルの変化と、「寸」「間」や「尺」の単位を基本とした日本家屋のあり方が変わってきたからです。日本独自の間合いや寸法を使わなくなり、収納のサイズ感や発想も自由になってきたことから、クローゼットのあり方も自由に変化してきました。

工務店は収納も「造作」に対応しています!

今、空前の「お片付け」ブームで、自分らしい収納がほしい、と憧れている方も多いのではないでしょうか。今は組み立て式の家具や、拡張性の高いものなどがたくさん市販されており、センチ単位でオーダーできるものもあるため、インテリア本や雑誌などで情報を集めては、あれこれ思いをめぐらせるのも楽しいものですね。

私たち大工工務店の強みは、「造作家具」をつくれることです。造作とは、柱や梁など、主要な構造物以外の内装を「つくる」ことで、その範囲は天井、床、階段、建具、鴨居、手すりから、建具のレールに至るまで幅広く、最近ではキッチンや洗面所の水回り、家具、時にはテーブルなども造作でつくることがあります。

家の内装に関わるものはほぼつくれるのが大工工務店の魅力。今月は、造作家具についてお話しします。

[写真:当社HP「大丸の事例紹介」より]

大丸建設に土地探しのご相談をいただく際は…

大丸建設で新築の住宅を建てたいとなった際には、ぜひ土地探しの段階からご相談ください。まずは、その土地を一緒に見にいく機会をつくっていただければと思います。

その際は、その土地の近辺のデータを集め、スマートフォンのアプリなども活用し、地盤の情報を読み解きます。また、隣地の状況を確認し、日の当たり方や道路との接道部分、方角などを見て、地盤だけではなく、採光や通風についても判断していきます。

新築の住まいは、一生に何度とない、大きな買い物になります。理想の土地との出会いは、まさに人生の巡り合わせのようなもので、判断を迷っている間に先に売れてしまうということもよくあります。そんな時には「今回、買う土地ではなかったかもしれない」とお伝えします。私たちは、お客様を急がせません。無理に進めず、お客様のベストなタイミングで、最高の土地と出会えるよう、サポートして参ります。

不動産屋さんに確認してほしいこと

新築の住まいを建てるために、まずは不動産屋さんを回ると思います。不動産屋が出すチラシや看板には、地盤の情報まで書いていないことがほとんどです。接道や水道、ガスが引かれているかどうかなどの情報は持っているので、見学の際は不動産屋に「地盤の心配はないか?」という確認はしておいてください。与えられた情報だけで判断せず、家を建てるうえで地盤の状態を確認することは鉄則です。

市場価格に対して極端に安い物件には、何らかの理由があります。それが地盤の場合もあるし、擁壁に難があるケースもあります。聞けばすらすら答えてくれる、あるいは調べてでも回答しようとする不動産屋は信頼できると言えます。また、工務店が事前に調査に入ることに寛容な不動産屋もあり、そうした事業者は安心して土地の相談ができると言えます。

 

地盤補強という手段もあります

もし、自分がどうしても気に入った土地の地盤が軟弱かもしれない……と言われたら、どのような選択をしますか? 私ならば、地盤の軟弱な土地に家を建てるべきではない、と言います。しかし、土地とは地盤だけではなく、駅からの距離や、整形地であるかどうか、隣地との関係、採光など、さまざまな要素がからみあっているので、一概に地盤だけが判断基準になるわけではありません。現代は技術が進んでいるので、「地盤補強」によって軟弱な地盤を補強することもできます。

大丸では地盤調査や、地盤改良も手がけています。地面に杭を打ち込むことで、地盤を強化することができるので、どうしてもその土地が気に入っている場合は、ご相談ください。地盤調査から、杭打ちによる地盤改良まで、トータルで100万円ほどの追加予算がかかる場合もありますが、魅力的な土地を手に入れるために必要経費として考えるという選択肢もあります。

古地図と地名が地盤情報の手がかりになる

お客様が土地探しをする時に、ぜひ参考にしていただきたいのが、古地図や、昔の地名です。市区町村合併や、住宅地の開発などで、地名は何度も変わっています。しかし、昔の地名を探ることで、その土地が元々はどのような状態だったのかの手掛かりになります。

例えば「沼」がついている地名。「新田」「川」「伝田」「浮」「久保(窪)」「谷」「沢」など、水に関わる漢字や、低い土地を思わせる字、田んぼがあると思われる地名などには、注意が必要です。地盤が軟弱である可能性があると言われています。

地名とは、その土地の歴史をあらわす手がかりです。昔の人たちは、地名などで知恵を受け継いでいたと言えますね。

とはいえ、「さんずい」がついている土地や、水辺の生き物が想像される土地のすべてが危ないわけではありません。今は地盤改良などがなされている場合もあるので、不動産屋さんに問い合わせてみましょう。

やめた方がいい土地の条件とは。

住まいの土地探しの際に、やめた方がいい条件がいくつかあります。

崖地や沼地などは、地盤が悪いと考えられます。大きな地震や、大雨などによる土砂崩れの危険性が考えられます。元は田んぼだったと思われるところもやめておいた方がいい条件です。地盤沈下の可能性が考えられます。

しかし、今は土地が埋め立てられたり、整地されるなどして、元の地盤がどのような環境だったのかを知る手立てはなかなかありません。

実は、過去の地図や地盤データから、地盤の良し悪しを確認できるスマートフォンのアプリがあります。私たちは古い地図や、長年地元で建築に携わっている経験に裏打ちされた情報を頼りに、古い地図などからも判断して、地盤について判断、検討しているのです。

時には「やめた方がいい」と言うこともあります。

丸建設の社長・安田昭は、以前、担当したお客様に「その土地はやめた方がいい」とお話しして、土地を変更していただいた経験があります。その時にお客様が選んだ土地は崖の上で、ご相談を受けて土地を見に行った時に、地盤に不安を感じたからです。結局そのお客様は、その土地は買わずに、半年後に別の土地を見つけてこられました。そうして理想の住まいを建てられて、今でも家族仲良く暮らしています。大丸建設とも長くいいお付き合いをしています。

地盤への不安など、お客様の不利益になるかもしれない情報をつかんだ時に、それを率直にお話しするかどうかに、会社の姿勢が問われます。私たち大丸建設は、お客様へのリスクが懸念される状態を発見した時には、素直にお伝えするようにしています。経営的にその工事をとりたくても、もし地震が起きてしまったら、土砂崩れに巻き込まれたら……というリスクが想定される土地の場合は、たとえ営業的に苦しくなったとしても、きちんとお伝えします。

災害を考慮して土地探しをすべきです。

近年、気象災害が激しくなってきており、災害からいかに家族の命、住まい、財産をいかに守っていくか、真剣に考えなければならない時代になっています。

大丸建設の地元・稲城市は、多摩川が近くにあります。昔ならば多摩川の近くは「リバーサイド」といって人気の立地でした。しかし、今、多摩川の近くに土地を求めるのはリスクがあると言えます。台風や豪雨の影響で、河川の氾濫リスクはかつてないほど高まっています。多摩川のような一級河川だけでなく、支流も氾濫のリスクがあり、川の近くの立地は避ける方がいいというのが、今では暗黙の了解になっています。

他にも、豪雨による土砂崩れなどの危険性のある立地は、行政の出しているハザードマップで調べることができるので、土地の安全性については十分に検討されるべきです。