時には「やめた方がいい」と言うこともあります。

丸建設の社長・安田昭は、以前、担当したお客様に「その土地はやめた方がいい」とお話しして、土地を変更していただいた経験があります。その時にお客様が選んだ土地は崖の上で、ご相談を受けて土地を見に行った時に、地盤に不安を感じたからです。結局そのお客様は、その土地は買わずに、半年後に別の土地を見つけてこられました。そうして理想の住まいを建てられて、今でも家族仲良く暮らしています。大丸建設とも長くいいお付き合いをしています。

地盤への不安など、お客様の不利益になるかもしれない情報をつかんだ時に、それを率直にお話しするかどうかに、会社の姿勢が問われます。私たち大丸建設は、お客様へのリスクが懸念される状態を発見した時には、素直にお伝えするようにしています。経営的にその工事をとりたくても、もし地震が起きてしまったら、土砂崩れに巻き込まれたら……というリスクが想定される土地の場合は、たとえ営業的に苦しくなったとしても、きちんとお伝えします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です