災害を考慮して土地探しをすべきです。

近年、気象災害が激しくなってきており、災害からいかに家族の命、住まい、財産をいかに守っていくか、真剣に考えなければならない時代になっています。

大丸建設の地元・稲城市は、多摩川が近くにあります。昔ならば多摩川の近くは「リバーサイド」といって人気の立地でした。しかし、今、多摩川の近くに土地を求めるのはリスクがあると言えます。台風や豪雨の影響で、河川の氾濫リスクはかつてないほど高まっています。多摩川のような一級河川だけでなく、支流も氾濫のリスクがあり、川の近くの立地は避ける方がいいというのが、今では暗黙の了解になっています。

他にも、豪雨による土砂崩れなどの危険性のある立地は、行政の出しているハザードマップで調べることができるので、土地の安全性については十分に検討されるべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です