意外と多い「出窓」の悩み

窓リフォームで時々お悩みを聞くのが「出窓」についてです。出窓は、インテリアとして窓近くに植物の鉢を置いたり、採光を目的に作られていることが多く、窓が建物から出っ張っているため、熱の影響を受けやすいのが特徴です。「出窓の近くが寒い」「結露しやすい」というお悩みを抱えている方が意外と多いのです。住宅の流行もあると思いますが、出窓がつくられていた頃の住宅は、断熱性を考慮されていないことが多く、アルミサッシによる結露が発生しやすくなります。

出窓はカーブがかかっていたり、窓の形状が複雑なので、サッシも含めての交換となるとかなりのコストがかかります。ガラスだけを交換するのも一つの手ですが、窓=ガラス+サッシなので、ガラスのみの断熱性能が高くても効果はイマイチなのが残念です。

最も効果が高いのは、出窓にものを置いたり、インテリア機能を持たせるのは諦めて、内窓を設置することです。採光確保はできますし、断熱性能は高まりますので、室内環境は快適に保たれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です