身近なインテリアも断熱・遮熱の機能がある

大掛かりな窓リフォームをしなくても、身近なものの活用で、断熱や遮熱の効果を高めることができます。

遮熱は熱を反射することなので、ブラインドがその役割を果たします。特に外付けブラインドは遮熱効果が高いので、強烈な西日に悩んでいるご家庭にはおすすめです。最近では電動式のシャッターもあります。

手軽に取り付けられる外付けブラインドといえば、日本古来の「すだれ」です。夏場のグリーンカーテンもいいですね。遮熱は「室外で熱を遮る」のが最も効果があります。

断熱ならば障子、カーテンです。室内外の気温差を減らし空気の層をつくるのがいいので、カーテンに断熱性能を求めるならば、床ギリギリのところまでカーテンを下げることです。床から上げてしまうとそこから熱が逃げてしまいます。冬場は特に、冷たい空気は下から流れるため、足元が冷えてしまいます。

断熱と遮熱の仕組みを知って、効果的なリフォームと暮らしの工夫で、室内環境を快適にすることができます。ご相談も承りますので、ぜひお気軽にお声がけください。

意外と多い「出窓」の悩み

窓リフォームで時々お悩みを聞くのが「出窓」についてです。出窓は、インテリアとして窓近くに植物の鉢を置いたり、採光を目的に作られていることが多く、窓が建物から出っ張っているため、熱の影響を受けやすいのが特徴です。「出窓の近くが寒い」「結露しやすい」というお悩みを抱えている方が意外と多いのです。住宅の流行もあると思いますが、出窓がつくられていた頃の住宅は、断熱性を考慮されていないことが多く、アルミサッシによる結露が発生しやすくなります。

出窓はカーブがかかっていたり、窓の形状が複雑なので、サッシも含めての交換となるとかなりのコストがかかります。ガラスだけを交換するのも一つの手ですが、窓=ガラス+サッシなので、ガラスのみの断熱性能が高くても効果はイマイチなのが残念です。

最も効果が高いのは、出窓にものを置いたり、インテリア機能を持たせるのは諦めて、内窓を設置することです。採光確保はできますし、断熱性能は高まりますので、室内環境は快適に保たれます。

簡単リフォームには内窓がおすすめ

集合住宅の場合はマンションの管理規約上、窓が共有部であることが多く、住まい手自身の希望で行えないケースがほとんどです。しかし、室内側にもう一枚窓をつける「内窓」であれば、マンションでも設置が可能です。内窓であれば内装材扱いなので、室内のインテリアや家電と同じような感覚で導入できることになります。コスト面でも、材料費+施工費において、窓リフォームより大幅に安く済ませることができます。リフォームの時間も窓1つに対して1時間程度と、大掛かりにならずに簡単に終わります。

断熱面もかなり高く、防音や防犯面でも優れている内窓。いいことづくめなのですが、デメリットがあるとしたら、窓を開ける時に2つの窓があり、窓の開閉に不便、ということです。

日本家屋に見られる「障子」も一種の内窓と言え、障子の開閉+窓の開閉の感覚で、それを不便と感じない方であれば、内窓はコスト面でも性能面でもかなりおすすめです。

[写真:大丸建設HPより「夢だった梁の見える古民家風の家」]

断熱と遮熱は異なる

断熱の目的は、熱を伝わりにくくすることです。熱は高い方から低い方へと移動する性質があり、夏場は外の熱が室内に入ることによって室温の上昇を防ぎ、冬場は室内の温かい熱が外に逃げていくことを防ぎます。人間にとって快適な温度帯の室内環境をつくることを目的にしているのが断熱です。

一方、遮熱は、日光による熱放射を反射させることで室温の上昇を防ぐことを目的としています。たとえば、夏の強烈な日光が屋根に当たり、屋根面の温度が上昇することでその熱が室内に伝わることで室温が上がってしまいます。熱を室内に伝えにくくするのが断熱で、屋根面で熱を反射するのが遮熱です。

冬に防寒性の高いダウンジャケットを着るのが「断熱」、夏にUV加工をした日傘を差すのが「遮熱」と考えるとわかりやすいですね。

 

[図参照:YKKホームページより]

窓ガラスの種類

サッシに比べて、窓ガラスの方は選択肢がたくさんあります。組み合わせによっても断熱性能には差が出てきますので、ランキングは難しいと言えます。

ガラスは、1枚(シングルガラス、または単板ガラス)より2枚(ペアガラス)、2枚より3枚(トリプルガラス)の方が、断熱性能が高まります。最近では5枚ガラスの窓も発売されており、最上位の断熱性能を誇ります。

2枚以上のガラスは複層ガラスと言われ、ガラスで挟んだ層の間を真空状態にしたり、アルゴンガスやクリプトンガスを封入して断熱性能を高めたガラスもあります。

ほかにも、Low-Eと呼ばれる特殊金属膜をガラスの内側に貼り付けたものもあります。遮熱タイプの金属膜を入れた窓は西側につけることが多く、西日をカットして紫外線や熱の侵入を防ぐ効果があります。一方断熱タイプの金属膜を入れた窓は南側につけて、冬場の日光を室内に取り入れ、逆に室内の熱を逃しにくくする特徴があります。

[参照:YKK ap ホームページより「Low-E複層ガラス(遮熱タイプ)」]

窓=ガラス+サッシ

窓は、ガラスと窓枠(サッシ)の組み合わせで断熱性能が変わります。

かつての日本の住宅では、アルミサッシ+単板ガラス(ガラス1枚だけ)の組み合わせがほとんどでした。アルミサッシは軽量でコストが安い反面、熱を伝えやすく、夏は熱く冬は冷たくなります。また、室内と室外の気温差によって結露を生じ、特に冬場の朝方などは、結露で窓周辺がびしょびしょに濡れてしまったり、窓枠近くの床材などがカビたり腐食しているのを見たことがある方もいるかもしれません。

サッシの種類は主に3つで、アルミサッシ、アルミ+樹脂の複合サッシ(室内側が樹脂で室外側がアルミ)、樹脂サッシ、木製サッシがあります。断熱性能で言えば樹脂よりも木製サッシの方が高いのですが、木製サッシの場合は樹脂サッシに比べて機密性能を確保するのが難しく、コスト面から考えても樹脂サッシの方に軍配が上がりそうです。

[写真:YKK ホームページより]

断熱性能の高い窓への理解が広がる

近年、大丸建設で新築する住宅のお施主様は、断熱性の高い窓をオーダーされることが増えてきました。20年ほど前までは、日本では窓の断熱についてあまり意識がされてこなかったため、アルミサッシの単板ガラス、よくても複層ガラス(ペアガラス)が定番でしたが、地球温暖化の進行といった社会的状況も相まって、消費者の省エネ意識が変わってきました。この10年でメーカー側も高断熱なガラスやサッシの開発に励んだことによって、樹脂サッシや遮熱ガラスなど、断熱性能の高い窓が普及するようになりました。導入コストは割高でも、居住時のランニングコスト(月々の光熱費)が下がるので、結果的に高断熱の窓の方がお得で、しかも居住環境は向上します。

大丸建設の最近の新築事例では、断熱性能が高い樹脂サッシ+特殊金属膜やガスを封入して断熱・遮熱性能をガラスといった組み合わせが定番となり、お客様に快適な居住環境を提供できています。

[イラスト:YKK apホームページより]

 

家の環境をよくするために、窓を考えませんか?

今年は新型コロナウイルスの感染拡大から、リモートワーク、在宅ワークをする人が増え、家の居住環境やワークスペースを快適にしたいと考える人もいるのではないでしょうか。知人の中には「家族の在宅ワークによって光熱費が上がった」という人もいます。

家の光熱費に直結するのは、断熱性能です。断熱とは、壁、床、屋根・天井、窓といった家の外周部に断熱材を入れたり、空気層を設けることで、外気と室内の温度差を減らして、結果的に結露も抑制し、居住環境をよくしていくことにつながります。

家の断熱性を高めるために最も効果的なのが窓断熱です。夏場は室内に侵入する熱の74%が窓から入ってきて、冬場は逆に家の温かい熱の52%が窓から逃げるというデータもあるくらい、断熱性能の低い窓の家は「夏暑くて冬寒い」というわけです。

【上イラスト参照:YKK ap ホームページ

「アルミフレーム(複層ガラス)の窓の家における熱の流入出の割合」より】

針葉樹と広葉樹の違い

木材には、いろんな種類があります。日本は世界有数の森林大国で、木の種類はざっくりと、針葉樹と広葉樹に大別されます。

針葉樹と広葉樹の大きな違いは、こちらも読んで字の如し、葉っぱの形です。針葉樹の葉っぱは針のような形をしていて、チクチクします。広葉樹の葉は、薄く平べったくて、いわゆる「葉っぱ」の形はこちらの方が連想しやすいかもしれません。

樹形も異なり、針葉樹は天に向かって真っ直ぐに伸びるのが特徴です。一方、広葉樹は枝を広く広げて、丸くこんもりとした樹形になります。

針葉樹は広葉樹に比べて早く成長するため、材としても軽く加工しやすくなります。広葉樹は成長がゆっくりで、細胞の組織が複雑で、緻密に重くなります。

「適材適所」を知ると、木の住まいはもっと心地よい

今年の夏は暑くなりそうですね。

梅雨が近づき、ここ数日、蒸し暑い日が続いていますが、こんな時こそ、無垢材の心地よさを実感します。

先月は、自然素材や無垢材のお手入れ方法や、経年美化という考え方についてお話ししました。今月は、木の持つ特性・特質について、詳しくお伝えしていきます。

「適材適所」という言葉があります。辞書でひくと、その人の才能や能力に応じて、適した任務や役割を与えること、という意味合いで紹介されます。そもそもは、伝統的な日本建築において、その場所の適性に応じて、木材の使い分けをしていくという、まさに適「材」を適「所」に与える、という意味なのです。