窓=ガラス+サッシ

窓は、ガラスと窓枠(サッシ)の組み合わせで断熱性能が変わります。

かつての日本の住宅では、アルミサッシ+単板ガラス(ガラス1枚だけ)の組み合わせがほとんどでした。アルミサッシは軽量でコストが安い反面、熱を伝えやすく、夏は熱く冬は冷たくなります。また、室内と室外の気温差によって結露を生じ、特に冬場の朝方などは、結露で窓周辺がびしょびしょに濡れてしまったり、窓枠近くの床材などがカビたり腐食しているのを見たことがある方もいるかもしれません。

サッシの種類は主に3つで、アルミサッシ、アルミ+樹脂の複合サッシ(室内側が樹脂で室外側がアルミ)、樹脂サッシ、木製サッシがあります。断熱性能で言えば樹脂よりも木製サッシの方が高いのですが、木製サッシの場合は樹脂サッシに比べて機密性能を確保するのが難しく、コスト面から考えても樹脂サッシの方に軍配が上がりそうです。

[写真:YKK ホームページより]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です