太陽の光も重要な「照明」

照明と日光は、切っても切り離せない関係です。日が明るいときには室内で照明をつける必要はなく、一方で光が強すぎる場合はカーテンなどで遮光しなければなりません。日の光がたくさん入る家は住んでいて気持ちよく、太陽の光をいかに室内に取り入れていくかという空間設計と照明計画は、切っても切り離せない関係です。

日中、屋外にいるときには、太陽光を浴びて過ごすので、目はそこで見た光の状態に慣れており、逆に室内に入ったときには、屋外とのギャップが大きすぎないように、自然な明るさの光で過ごせることも大切です。

一方で、人がぐっすり眠るためには、夜間に明るい光を浴びすぎないことも大事で、寝る数時間前はほの暗い明かりの中でゆったりと過ごすことで、スムーズな入眠につながります。スマートフォンからの光も睡眠に影響しますので、寝る前はなるべくスマホを見ないといった工夫も必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です