自然の光も「照明」として考えよう

朝、太陽の光を浴びて体を動かすと、心身がすっきりしませんか? 太陽の光を浴びることで、脳から分泌される睡眠ホルモンの一種「セロトニン」の分泌量が増えて、心身が活性化します。セロトニンは精神の安定やリラックスにつながる、別名「幸せホルモン」とも言われる物質です。日照時間の少ない冬季や、悪天候が続くと、なんとなく元気がなくなる……というのも、ホルモンに関係しています。

セロトニンは睡眠ホルモン「メラトニン」の原料にもなります。メラトニンは夜に分泌されるのですが、夜なかなか寝付けなかったり、夜中に何度も目がさめるのは、メラトニンが不足していることが原因です。朝のうちにしっかり太陽の光を浴びることで、セロトニンが分泌され、それが原料となって夜はメラトニンが働きます。しっかりと睡眠をとることで、体が休まり、睡眠と覚醒のリズムが整います。

照明計画でも、メラトニンの生成に影響しますので、できるだけ寝る部屋は明るくしすぎない、寝る直前はリラックスするなど心がけることで、メリハリの効いた生活リズムになります。

心身と光(照明)はつながっていることを考え、照明計画に生かしていただければと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です