断熱と遮熱は異なる

断熱の目的は、熱を伝わりにくくすることです。熱は高い方から低い方へと移動する性質があり、夏場は外の熱が室内に入ることによって室温の上昇を防ぎ、冬場は室内の温かい熱が外に逃げていくことを防ぎます。人間にとって快適な温度帯の室内環境をつくることを目的にしているのが断熱です。

一方、遮熱は、日光による熱放射を反射させることで室温の上昇を防ぐことを目的としています。たとえば、夏の強烈な日光が屋根に当たり、屋根面の温度が上昇することでその熱が室内に伝わることで室温が上がってしまいます。熱を室内に伝えにくくするのが断熱で、屋根面で熱を反射するのが遮熱です。

冬に防寒性の高いダウンジャケットを着るのが「断熱」、夏にUV加工をした日傘を差すのが「遮熱」と考えるとわかりやすいですね。

 

[図参照:YKKホームページより]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です