合板の使用用途

合板は加工しやすく安価で手に入るので、多様な用途で使われます。

最もよく使われているのは「コンパネ(コンクリートパネル)」と言われる用途で、建物の基礎を作るときにコンクリートを流し込む型枠として使われます。耐水加工をしてあるので、洗って繰り返して使うことができます。

構造用合板は、住宅の壁、床、天井の下地材かつ耐力壁をかねて使われます。住宅の構造を補強し、かつ大量に使われるものなので、耐力や接着剤などで厳しい基準が設けられています。

家具や建具にも使われます。シナ合板やラワン合板は、軽くて加工しやすい、大きな面材としても使われるので、建具でご覧になったことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です