昔ながらの掃除方法を見直してみる

今は、使い捨てのお掃除ワイパーや、シュッと吹きかけるだけで汚れを落とせるスプレー、強力な吸引力を持つ掃除機や、お掃除ロボットなど、便利な掃除道具がたくさんあります。こうしたものは、家事を効率化し、私たちの暮らしを便利にしてくれました。しかし、家族で家にいる時間が長くなると、その「当たり前」を見つめ直し、掃除そのものを「楽しむ」マインドが必要になってくるかもしれません。

玄関を整えることで自分を見つめ直す。雑巾で床を磨くことで体を動かし、床が艶を増していく姿を日々感じる。自分と家の距離が近いほど、住まいに対する発見が増えていきます。季節によって木材の表情や温度感が変わること、光の当たり方や風の通り方を感じ、主体的に住まいをよくしていこうという気持ちにつながります。

ぜひ、ご家族で、「お家時間」に家のお手入れを楽しんでください。きっと新たな発見があるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です