針葉樹と広葉樹の違い

木材には、いろんな種類があります。日本は世界有数の森林大国で、木の種類はざっくりと、針葉樹と広葉樹に大別されます。

針葉樹と広葉樹の大きな違いは、こちらも読んで字の如し、葉っぱの形です。針葉樹の葉っぱは針のような形をしていて、チクチクします。広葉樹の葉は、薄く平べったくて、いわゆる「葉っぱ」の形はこちらの方が連想しやすいかもしれません。

樹形も異なり、針葉樹は天に向かって真っ直ぐに伸びるのが特徴です。一方、広葉樹は枝を広く広げて、丸くこんもりとした樹形になります。

針葉樹は広葉樹に比べて早く成長するため、材としても軽く加工しやすくなります。広葉樹は成長がゆっくりで、細胞の組織が複雑で、緻密に重くなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です