2012年03月19日(月)

4月に初めて現地にボランティアに行きました。

昨年の4月下旬からゴールデンウィークの時期にかけて、1週間ほど、東日本大震災の被災地へボランティアに行ってきました。同業の工務店経営者仲間と一緒に2人で、クルマで岩手県遠野市にあるボランティアセンターを目指しました。東京を出た日、私は体調が悪く、翌日からのボランティアに備えて車中で休みました。翌朝、目が覚めて窓の外を見ると、そこには震災以降テレビで繰り返し流れていた、あの映像そのままの風景がありました。津波が街を跡形もなくさらい、そこにあるのは瓦礫の山。骨組みだけが残っている建物、あるいは建物が丸ごと流されなくなり、基礎だけが残っているところ……あまりにすごい現実に言葉もありませんでした。
 仙台から松島、東松島を北上し、遠野のボランティアセンターに入りました。それから私たちは、遠野を拠点に、岩手県の大槌町に通うようになりました。私たちは建築士でもあるので、建築物の解体などでも、専門的な見地から、現場でリーダーシップをとって動くことが求められました。

2012年03月16日(金)

日頃の備えがあれば、安心して暮らすことができる。

震災後、大丸建設のOBのお客様の家はどうだったのか? 特にお客様から家にダメージがあったという連絡がなく、お客様の無事もわかり、安堵したのを覚えています。耐震診断のお問い合わせは幾つか入り、日頃の地震に備えていくことの大切さを感じました。
 お客様からご心配のご連絡があった時には、「私は震災時に現場で作業をしていましたが、地震の揺れは大きかったものの、家はびくともしませんでしたよ」とお伝えするくらいでした。木造住宅がどのように揺れを吸収し、地震に耐えていくのかを身を以て体験できました。きちんと造られた木造住宅は強い、ということを確信できました。
 地震への対策では、家具を固定する、吊り戸棚にストッパーをつけることなども有効だったようです。大地震では吊り戸棚が開いて中の食器などが落ちて割れる危険性がありますが、数名のお客様から「吊り戸棚の戸につけていたストッパーが地震の時にきちんと機能し、揺れによって食器などが落ちることがなかった」とお聞きしました。
 日頃からしっかり備えをしておけば、いざという時も慌てずに落ち着いて行動することができます。「備えあれば憂いなし」ということを実感しました。

2012年03月13日(火)

木造建築物と地震

震災の翌日、土曜日も私は現場に行き、仕事を続けました。日曜日がお客様へのお引き渡しの日でした。電気の引き込みだけは原発事故もあったので1日遅れましたが、何とか日曜日にお客様が新居にお引越をすることができました。
 東日本大震災、そして大津波の映像を見て私が感じたのは、津波の威力の大きさでした。最も揺れた宮城県の栗駒市築館地区では、地震による犠牲者は出ませんでした。阪神淡路大震災の時は木造建築物の被害が大きく、建築基準法や耐震性能の見直しなどにもつながりました。東日本大震災では、津波にはどんな建築物も太刀打ちできないと、改めてその威力を感じました。
 震災後、新築住宅の取得が減ったとか、資産を持つことへのブレーキがかかっているなどと言われますが、こと大丸建設に関してはあまりそのようなことは感じませんでした。地震で一軒家がつぶれても、土地は残り、資産を復旧することはマンションなどに比べると比較的やりやすいと思います。地盤の調査や基礎づくりなどをしっかりやることで、きちんと耐震性能のある木造住宅を、丁寧に、誠実につくることの大切さを再確認しました。

2012年03月12日(月)

東日本大震災から1年、その時私は現場にいました。

2011年3月11日14時46分。あの日からちょうど1年が経ちました。震災で犠牲になった方々のご冥福をお祈りするとともに、震災で被災された方々に心からお見舞いを申し上げます。
 東日本大震災の発生時、私は家をつくる現場にいました。木製のベランダをつくっている最中に、震度5強の揺れを感じました。大工、職人ともども、すぐに作業をやめて安全を確保しましたが、道路のアスファルトがうねって見えるほどの大きな揺れは、私の人生でも初めての経験でした。
 その時の現場は引き渡しの直前で、最後の追い込みというところでした。会社にも電話はつながらず、家族とも連絡がつきませんでしたが、東京の揺れの程度や、建築中の家は揺れたもののびくともしなかったため、「東京は大丈夫、それよりもお客様にきちんとお引き渡しできるよう、仕事を全うしよう」と決めて、作業を続けました。私は耐震診断技術者の資格を有しているため、状況を冷静に判断できたということもあるかもしれません。
 東京はきっと大丈夫だろう、ともかく慌てずに、今やるべき仕事をしっかりやろう、という気持ちでいました。

2012年02月24日(金)

大丸のリフォームの基準

私たちがリフォームを提案する時に、いちばん大切にしているのが、何と言っても「安心」です。耐震性の安心、そして素材の安心、業者の安心。お客様と信頼関係を築き、お客様の生命と財産を守る強度を確保し、お客様の健康を害することのない自然素材を極力使用する、ということを守っています。
 新築のお客様よりも、リフォームのお客様の方が、家づくりに対する目的がはっきりしていることが多いです。新築の場合、漠然とした理想やイメージがあり、それを一つひとつ解きほぐして形を提案していきます。じっくりお話を聞いて、時間をかけて問題点を抽出し、イメージがわかってくると、具体的な提案に入れます。
 リフォームの場合は、住んでいる土台があるので、「この家の何かが使いづらい」「汚れてしまってきれいにしたい」など、目的がはっきりしています。家づくりのプロの視点から、目的に対して的確にアドバスし、予算と合致させていくので、高い技術力と判断力が求められます。

2012年02月20日(月)

ストック時代の始まり

これまで「スクラップ&ビルド」が主流で、世界で最も寿命が短いと言われていた日本の家。でも大量の建築廃棄物や環境問題などから、「よいものをつくって長く使う」という発想が求められています。国もそのように方針を掲げつくられた法律が「長期優良住宅法」です。
 国レベルでも、市町村単位でも、リフォームに対する助成が増えています。構造がしっかりしていれば、家は長く住み継ぐことができる社会資産とも言えます。新築住宅の需要が伸び悩んでいるいま、中古住宅を取得して、内装や間取りをフルリフォームして暮らす若い世代のライフスタイルが注目されるようになっています。まさに「ストック時代」の始まりと言えるでしょう。
 大丸建設のリフォームのお客様の場合、中古住宅を購入してフルリフォームするというお客様よりも、ご両親から引き継いだ家をどのように自分たちらしくしようか、というお問い合わせの方が圧倒的に多いです。私たちは、お客様に「いいものを長く使いましょう」と逆に提案させていただくこともあるくらいです。壊す必要のない家をわざわざ壊す必要はないですし、いいものなら長く使えるほうがいい。お客様のご要望を聞いていると、最初は解体後新築を望まれていても、実は長年の愛着ある住まいを残したいという想いをもたれている方も多いのです。

2012年02月17日(金)

理想の比率は新築とリフォームが半々くらい

いまお住まいの家を解体して新築を建てるか、でもいま住んでいる家は愛着も思い出もあるから壊すにはしのびない……建て替えを考えていらっしゃるお客様のご相談を受ける時に、多くの方がこのような悩みを抱えておいでです。大手のハウスメーカーであれば、おそらく、建て替えを提案するのでしょうが、私たちはお客様の想いをじっくりていねいにお聞きして、結果的に建て替えではなく、大規模リフォームで対応できるよう、これまでの経験と技術を総動員して、お客様のニーズにお応えしていきます。長年住んで愛着を持っている家であれば、何とかそのまま使っていただきたい、と思うからです。
 しかし、耐震診断はきっちりとおこないます。耐震強度が足りず、基礎などがもろく劣化している場合などは、建て直しをお勧めすることもあります。住まいはお客様の命と財産を守るという役割もありますから、そこは私たちも何よりも大切にしていきたいところです。
 住まいをイチから、自分の夢や理想を形にしていく。新築のお仕事はとても楽しく、私たちも大工も、腕がなります。でも、それと同じくらい、もしかしたらそれ以上に、リフォームの仕事もやりがいがあります。古い建物を愛着と思い出ごと生かしながら、新しくつくり替えていく。バランス感覚と高い技術力が求められる仕事です。
 理想的には、新築とリフォームの割合が半々くらい。お客様にとことん寄り添う大丸建設でありたいと思っています。

2012年02月10日(金)

食べ物も、住まいも、同じだと思った。

先日、パティスリー・ペインズウィックにおうかがいして、オーナーパティシエの田中憲司さんといろいろお話をしました。一つひとつていねいにつくられたお菓子は、田中さんの長年の経験と創造性によってできていて、よい素材を吟味し、その特性を生かしきるプロの厳しいまなざしに、私たちが目指す家づくりと共通するものを感じました。
 稲城の素朴な町並みに溶け込むような、斬新だけれども有機的な佇まいは、訪れる人をほっとさせます。地元の人が、歩いて、または自転車で、家族の笑顔と心の憩いを求めて買いにくる、街の洋菓子店。とびっきりいい素材を使っているのに、お値段が手頃なのは、家族で経営している小さな規模の洋菓子店だから。いただいたプリンはとても美味しくて、心がとても温かくなりました。大手の製菓会社が工場でつくったプリンとはまったく異なるもので、プロの細やかな心配りと技術力が感じられる素晴らしい味でした。
 田中さんがおっしゃっていたことで特に共感したのは、「自分が見切れなくなる量はつくらない」ということ。個人のお店でつくれるお菓子の量は限界があり、それを超えてつくろうとすると、材料やつくり方を合理化しなければなりません。それをしたくないから、規模を大きくしない。自分が責任を持ってつくれる範囲で、よいものを、ていねいに大切につくる。まさに私たち大丸建設の姿勢と同じだな、と感じました。

2012年02月08日(水)

稲城にできた英国風洋菓子店「パティスリー・ペインズウィック」

1月27日、稲城市内の住宅街に大丸建設が手がけた洋菓子店「パティスリー・ペインズウィック」が誕生しました。「コッツウォルズの宝石」と讃えられる英国の田舎町の教会を思わせる美しい建物は、連合設計社さんのデザインによるもので、お客様のイメージと要望を自然素材で形にしました。
 南面に大きく流れた勾配屋根と、そとん壁のスチロール仕上げの外壁、ウッドデッキでつないだ店舗とお客様用トイレ、随所に施されたアイアン、英国風の雰囲気を醸し出すランプなど、随所にこだわりを感じさせる佇まいです。
 ショーケースに並んだ美しい生菓子たちは、早い日だとお昼にはなくなってしまうほどの人気です。日持ちする焼き菓子は充実の量ですが、生菓子は「添加物を使わず、良質で新鮮な材料で、一人でつくり切れる量しかつくらない」と、オーナーパティシエの田中憲司さん。北海道さんの小麦粉とフレッシュクリーム、岩手は奥久慈の新鮮卵、デンマークのブッコムのチーズやバローナのチョコなど、世界中から選りすぐりの素材を取り寄せています。私もプリンをいただきましたが、卵黄のみを贅沢に使い牛乳ではなく生クリームでつくったプリンは、とても濃厚で口の中でとろっととろけて、こんなに美味しいプリンは初めて、というくらい感動しました。
 オーナーさんは一流のパティスリーやホテルでお菓子をつくっていたベテランで、満を持しての独立開業とのことです。オープンしてから何度かうかがいましたが、いつも長蛇の列で、その注目度の高さに驚きました。
 「パティスリー・ペインズウィック」。稲城市東長沼1610。ぜひ一度足を運んでみてください。

2012年01月30日(月)

「営業しない」が理想。

大丸建設は、広告や宣伝が得意ではありません。
地道にコツコツとホームページをつくったり、大丸ニュースを発行するくらいです。
あとは協同組合匠の会や、雑誌『チルチンびと』の「地域主義工務店の会」などで関東近県や全国各地の工務店の方々と勉強し、情報交換をする機会を大切にしています。
それよりも、日々の住まいづくりの現場を大切にしています。一生懸命よい住まいを建てて、お客様に満足してもらえる家づくりを目指しています。
最終的には、営業をしなくても、お客様の口コミやご紹介で仕事が決まるようになるのが理想です。
まず、住んでいるお客様とのコミュニケーションや信頼関係を大切にし、竣工後も長くよいおつきあいをしていきます。
また、建築現場で職人さんが笑顔で楽しそうに、よい仕事をしていれば、近隣の方はとてもよい印象を持ってくださると思います。
「よい仕事をすること」が、最大の営業だと私は思っています。
お客様に喜ばれるように、地域の方々に歓迎していただけるように、「よい仕事をしていく」ことを、何よりも大切にしていきます。