すだれを吊るす時の注意点

この夏の猛暑対策に、今からでも活用したいすだれ。すだれは日射遮蔽をしながら風を通してくれて、しかも価格が安い、至れりつくせりの素材です。

一般的なすだれの場合、横幅が88cmほどのものが多く、これは一般的な窓のサイズが1枚90cm(1間)であることに由来しています。窓の大きさが一般的でないケースもあるので、横幅のチェックは忘れずに。

気をつけたいのは吊り下げる場所で、それによって長さが変わってきます。窓の近くにぴったりくっつけるのか、ベランダの天井や軒先から吊り下げるのかで、購入するすだれの長さが変わってくるので、取り付け箇所を確認してからすだれを購入するようにしましょう。

断熱の救世主「すだれ」!

窓から室内に進入する熱を軽減するためには、窓の断熱は必要不可欠。とはいえ、断熱窓に改修するのはすぐには難しい……という方に試していただきたいのが「すだれ」です。

すだれは日射遮蔽にとても効果的で、熱をさえぎり、でも風は通してくれる優れもの。日本の夏の風物詩ともいえ、すだれの下がる家を見ると涼やかな感じがします。

すだれは細かく切った竹を原料に使われていて、吊るして使います。似たようなものに「よしず」があります。よしずは「葦」という植物が原料で、主にベランダ等に立てかけて使うことが多いです。

窓からの熱をシャットアウト!

この猛暑で今すぐにでもやっていただきたいのが、窓から室内に熱が進入するのを防ぐことです。夏は室内に入る熱い熱のうち58%が窓からとなっています。なんの断熱対策もしていないシングルガラスのアルミサッシでは、強烈な真夏の日差しを受けた窓面はとても熱く、サッシ部分は触れないほどの熱を持っています。その熱は室内にそのまま放出されるので、室内の気温をあげてしまいます。

インナーサッシ(内窓)や断熱窓(Low-Eガラスや樹脂サッシなど)を取り付ければ、窓から室内に伝わる熱をかなり軽減することができるので、エアコンも効きやすくなります。しかも、窓の改修は壁や天井の断熱よりも相当価格が安く手軽にできるのでおすすめです。

そうはいってもすぐにそれだけのコストは負担できない……という方に、身近なものでできる窓の断熱対策をお伝えします。

省エネを自粛するのはもったいない!

今年の夏は類例にないほどの猛暑で、気象番組等でも「室内ではエアコンを使用し設定温度も下げるように」「不要不急の外出は控えるように」「屋外での部活動や外遊びは自粛」といった、これまでに聞いたこともないような呼びかけがなされています。

そんな中で省エネを呼びかけるのは「空気を読めない」感じがしてならないのですが、省エネ=我慢ではなくて、省エネをしっかりすることは冷房を効率よく効かせるためにも有効です。

今月は、今からでもできる省エネ対策をお話しします。

今年は異常な猛暑!

2018年は東京で史上初の6月梅雨明けになったのを皮切りに、連日35度に迫ったり超えたりすることが続いています。全国各地で40度越えの日も出てきて、熱中症で救急搬送される方の人数は昨年の倍以上と言われています。

 

台風12号は関東地方から関西地方に逆走する珍しいルートをたどり、水害や農作物の被害も出てきています。

新聞には「災害級の猛暑」という言葉も踊り、エアコンの設定温度を下げる呼びかけも見かけます。今年は省エネを呼びかけることは命のリスクを感じさせるという風潮も出てきているほどです。これまでに例を見ないほどの異常気象になっています。